不完全燃焼のまま

2018年11月3日
第31回UHB杯ジャンプ大会

 

今日も晴れ間が広がる札幌大倉山であった。
トライアルから、空に飛び出す選手たちが
いきいきしているのがよく見て取れた。

 

 

大倉山3連戦の2試合目はテレビ局カップのUHB杯。

「風は良かったので、昨日の市長杯のときよりは
 思い切り飛んでやろうとしました。
 ただ、飛距離につなげられることが、また、できなくて。
 ジャンプ実際の動きと、頭の中のイメージとの間に
 どうしてもギャップがあるようでなりません」

 

 

昨日に続いて、苦悩の表情がにじむ小林諭果。
しかし、先を見据えると、冬の雪上では完全に
アプローチの滑りが変わってくる。
それだけに新規のアイストラックとはいえ、
12月の飛翔を考えるならば、この状況で
工夫と修正を施しながら雪の本番へと進むのが、
案外、得策かもしれない。
そういうことも、すでに頭の中にはあるようだ。

「札幌市長杯のときよりは、
 うまくジャンプをまとめられた印象です。
 徐々に良くなってきていますよ。
 アプローチの滑りもまずまず、
 そこから空中姿勢までスムーズに、
 速やかに飛べていけました」

 

わりとマイペースな茂野美咲なのであろうか。

そこに、あせりの色はない。
あくまで雪の上のジャンプを、
しっかりと出せていけばいい。

そんな充足感もある。

 

『やるべきことを、ちゃんとやっていければ』

 

手短に抱く、いつもの想いは、とくに伝えなくても
観衆の皆さんはわかってくれる。
とにかく冬、早く遠くへ飛び抜けるだけ。

 

そんな言葉をぐっと飲み込みながら
茂野は控室へと帰っていった。

試合は女子エースの高梨沙羅(クラレ)が2連勝を飾り、
スキーをチェンジした伊藤有希(土屋ホーム)が
新しいスキーの特性を意識しながら飛んで2位、
五輪金メダリスト船木和喜選手(FIT)の指導を受けて
実力が向上しているダイナミックなジャンパー
勢藤優花(北海道ハイテクアスリートクラブ)が
3位表彰台に立った。

 

(分・写真/岩瀬孝文)

 

第31回UHB杯ジャンプ大会

1位 高梨沙羅(クラレ)
2位 伊藤有希(土屋ホーム)
3位 勢藤優花(北海道ハイテクアスリートクラブ)
7位 茂野美咲(CHINTAI)
17位 小林諭果(CHINTAI)