FISジャンプワールドカップ女子札幌大会第1戦

2019年1月12日
7th World Cup Competition
Sapporo(JPN)
Large Hill Individual

s_DSC_0300 (3)札幌W杯①茂野美咲2019iwase
ワールドカップ第7戦は札幌大倉山で行われた(2019年1月12日)

それぞれの選手が思い切りよく飛ぶ
日本チームであったが、
大柄で長身なルンビ(ノルウェー)や
技術力あるアルトハウス(ドイツ)に
ザイファルト(ドイツ)、ベテラン選手の
イラシュコ=シュトルツ(オーストリア)などが
大挙して出場している海外強豪に勢いがあった。

 

迎え撃つ日本女子は、
頼みのエースの高梨沙羅(クラレ)に元気がない。

「このところ、うまく飛べなくなってしまって。
 いまは助走路の見直しに着手しています」

どうにも迫力に欠ける言葉が続いた。
今シーズンはここまで未勝利のままの高梨だ。

 

 

なぜなんだろう、
札幌大倉山ラージヒルシャンツェにおいて
トライアルジャンプの力感に欠ける
ジャンプを観た女子ジャンプファンは、
あれ、おかしいなと首を傾げた。

 

エイブル応援団(2019年1月12日)

そこに熱い応援がこだました。

 

女子ジャンプ応援には絶対の存在になった
総勢30名を超えるエイブル応援団は、
女子ジャンプW杯開催で初めてになる
大倉山シャンツェで、
地元日本チーム選手の全員に大声援を送った。

 

スタート2番の茂野美咲(CHINTAI)は
やや緊張気味であった。

「応援の皆さんの声は、
 スタートまで響いてきていました。
 そこで力まずにしっかりと飛ぶことを心がけて、
 せいいっぱい飛びました」

茂野美咲飛型20190112
FISワールドカップ札幌大会茂野美咲飛型(2019年1月12日)

 

そのエイブル応援団のリードによる
『飛べ、飛べ○○』コールは、
ジャンプ台に駆け付けた観客のハートをつかみ、
そこに伝統あるノイズ応援団の太鼓と笛も相まって、
それこそ大声援となって日本選手の向かい風になった。

 

この日、上位30人が飛ぶことのできる2本目に進んだのは、
高梨、伊藤、勢藤優、丸山、岩渕、岩佐、茂野の7人。

「悪くはないジャンプに思います。
 2本目もサッツでちょっぴりずれた感じが
 ありましたが、全体をみれば27位で
 W杯ポイントを取れましたし、

 まずまずのジャンプだったように思います」

と実直に振り返った茂野だった。

 

この日茂野は27位で見事ポイントを獲得した(2019年1月12日)

 

優勝したのは、以前から男子のコンチネンタル杯で、
ここ大倉山シャンツェを飛び慣れていたベテラン選手の
ダニエラ・イラシュコ・シュトルツ(オーストリア)、
その大倉山の機微をとらえた見事なジャンプで
圧勝を遂げた。

日本選手は伊藤の6位が最高、
高梨は11位に終わった。

 

札幌W杯①高梨沙羅2019iwase
FISワールドカップ札幌大会第1戦大倉山(撮影岩瀬孝文)

(文/写真 岩瀬孝文)